偕楽園

茨城県には歴史を感じさせる観光地も多いです。
その一つとしてあげることができるのが、偕楽園です。

偕楽園は、水戸藩の9代藩主である徳川斉昭により作られた庭園です。
この庭園は日本3名園にも数えられるなど国内でも有名な庭園になっています。

広さ約13haに約100種類、3千本の様々な種類の梅が植えられており、それぞれの梅の美しさを楽しむことができます。

また偕楽園からは千波湖を望むことができ、美しい景色を眺めるには最適な場所になるのです。

偕楽園では、このように広々とした美しい庭園で梅や桜、もみじなど四季折々の花を愛でることができるほか、歴史を感じさせる建物を見ることもできます。

園内には徳川斉昭が設計した好文亭や奥御殿もあり、建物の美しさだけではなく、その当時の生活などに思いを巡らすことができます。

偕楽園では、初春には水戸の梅祭り、春には桜祭りなど、季節に合わせたイベントなども行われています。

それぞれの季節に合わせた美しい花々を一度に楽しみたい方や、茨城の歴史に興味があり、その歴史を身近に感じたい方など、幅広い方が満足できる観光施設になるのです。

気になる料金についても偕楽園への入園の場合無料ですし、好文亭の場合でも大人190円、子供100円と安価なので、気軽に行くことができます。