水戸の銘菓「吉原殿中」

茨城県水戸市には、古くから市民に愛されている伝統和菓子があります。
「吉原殿中(よしはらでんちゅう)」もその一つ。
素朴な味わいのこのお菓子は、もち米ときな粉、砂糖と水飴、それに水だけという極めてシンプルな材料と製法で出来ています。

もち米でできたあられに、水飴と砂糖に水を加えて作った蜜を絡めて円柱状にまとめます。
この円柱を、きな粉と蜜でつくった皮で包んで、転がして棒状にのばして、最後にきな粉をまぶして、包丁で切り分けて出来上がりです。
きな粉の香ばしい風味とともに、やさしい味わいが口の中に広がる、素朴なお菓子です。

埼玉県の銘菓に「五家宝」というものがありますが、この原型になったのが「吉原殿中」と云われています。

この「吉原殿中」の始まりについては、様々な説があるようです。
その一つには、徳川慶喜(よしのぶ)の実父である、第9代水戸藩主の徳川斉昭(なりあき)が間食を頼んだ際に、奥女中の吉原が、食べ残しの飯粒を干した保存していたものを蒸して、きな粉をかけて出したところ、斉昭が大層喜び、「吉原殿中」と名付けたという説があります。この「吉原殿中」が原型となり、現在へと伝承されたといわれています。

「吉原殿中」は、亀印製菓、吉田屋、井熊總本家、菓舗もとやなどで販売されています。添加物の一切はいらない昔懐かしのこのお菓子は、子どもからお年寄りまで一家全員で楽しめるお菓子です。
もし茨城県民と出会うチャンスがあったら、一度はこの素朴なお菓子を食べてみてはいかがですか?