梅むすめ

梅むすめという茨城県を代表する可愛い女性達がいます。
彼女達は、毎年のように何百人という人の中から選ばれた、水戸を代表する人達です。
その梅むすめが誕生したのは、昭和38年の頃です。当時は、10人もの娘さん達が選ばれていました。

その梅むすめさん達は、他県から来た役人や外国人などのお出迎えをしていました。笑顔で、元気良く挨拶をして出迎えるのです。
施設の案内もします。ですから、施設の詳細などを学び、挨拶の練習をしたり、梅の事も学んで人に教えていたのです。

今では、その梅むすめも、華やかな着物を着てお出迎えをしています。それに、海外から来た人を出迎えたりとインターナショナル的な存在となっています。
中には、英語もばっちり出来る女性も数多くいます。
彼女達は、水戸の梅大使として頑張っています。

その茨城県では、梅にも力を入れています。梅酒から梅ジャム、梅を使ったお菓子なども販売しています。
茨城県では、梅も大きく育ち、実がプリプリとして美味しいのです。日本だけではなく、海外にもその梅を販売して魅力を伝えています。

水戸の天候は、年平均気温が28度になります。又、東北よりの大子町や北茨城市、の方がより気温が寒いです。
やはり、東北よりの方が、寒くなる傾向にあります。