様々な食材を作る茨城県

水戸市と言えば、水戸納豆が有名です。
色々な会社から納豆が多く製造されていて、東北から関東、東海にまで出荷をしています。
この水戸納豆は有名で、関東のスーパーには必ず売られています。
藁の中に入ったものから、パックの中に入っているもの、紙の中に入っているものまであります。

茨城県の納豆は、さっぱりとしているのが特徴です。あまり粘りけが少なく、口の中でサラッとして食べれます。
小粒な納豆が多く、食べやすいです。その納豆を生産して出荷する数は、日本の中でも一位、二位を争うほどです。

又、イチゴが多く出荷されています。美浦村から出ているものが多く、甘みが強いのも特徴です。栃木県に負けずと栽培されています。
赤色が濃いのが特徴です。稲敷市からは、マッシュルームやいちじくも出ています。笠間市からは薔薇や蜂蜜、梨や栗なども出ています。

茨城県では、かなり多くの果物を栽培している事が多く、力を入れています。米も有名で、関東に多く出荷されています。
ニラやぎんなん、干し椎茸、芋も有名です。
その芋で作った芋焼酎も人気があります。茨城県では、日本人が好きな食べ物を多く作っては出荷しているという県です。

海沿いにある為に、暖かい日光の日射が多くの食材を美味しく出来る場所でもあります。