何でもそこそこな町

茨城県の特産物、たくさんあるんです。
メロン、レンコン、干しイモ、栗、みずな、納豆などなど。
特にメロンやレンコンは生産量全国ナンバーワン。
干しイモだってすごくおいしいし、茨城と言えば納豆ってぐらいあっちもこっちも作ってるんですよ。
お米だってたくさん作っているし、奥久慈しゃもや常陸牛って聞いたことありませんか?

そう、聞いたことないでしょう。
たくさん作ってるんだし、首都圏からも近いんだからどんどん宣伝すればいいと思うんです。
ひたちなか市のおさかな市場だってすごく楽しいスポットなんですよ。

首都圏からの交通アクセスだって抜群にいい。
常磐道なんて東北道に比べたらいつだってガラガラ。子連れで遊びに行くにしたって渋滞しないなんてすごく恵まれているのに。

肥沃な大地に温暖な気候、同じような条件の静岡は観光スポットとしてかなり浸透しているのにどうして茨城は知名度が低いんでしょう。

食べ物がおいしくて、海があって山があって交通アクセスがいい、そんな茨城県をちょっと見直してみませんか?
都会からすぐ近くにある田舎。
カップルで行っても、家族で行っても楽しめるスポットがたくさんあるんです。

茨城県だって被災しているのに、救いの手もイマイチ届かないくらい知名度の低い茨城県。
それは、まだまだ自力で頑張れるっていうことなのかもしれません。
いっぱい宣伝して、茨城のいいとこみんなに教えっぺ。

茨城県民の人と出会うことがあれば、茨城県の特産物など自慢できるところを聞いてみてください。
意外にも知ってたりすることが多いはずですから。