ご当地グルメ「西山うどん」

全国には様々なうどんがあります。関東でも、埼玉や多摩の「武蔵野うどん」や山梨の「ほうとう」、群馬の「水沢うどん」等などと有名なうどんがありますが、茨城県内でも、地元で食されているご当地うどんがあります。
常陸太田市、水戸市で食されている「西山うどん」もその一つ。

ラーメンを日本で最初に食べたことでよく知られる水戸光圀公は、無類の麺好きだったそうですが、光圀公の隠居所「西山荘(せいざんそう)」ではうどんや冷麦が頻繁に振舞われたといわれています。
「西山荘」のある常陸太田市には、「西山うどん」の名店があります。
「元祖 西山手打ちうどん いづみや」は昭和9年創業の西山うどんの老舗です。

この店の一番のおすすめは、「元祖の味 肉うどん」です。醤油の出汁に豚肉やナルト、ワカメの具。面白いのはシャキシャキとした食感が残った玉ねぎ。
そして、何といっても極太の麺が際立っています。その太さも不揃いなところが、食感の違いを生んで、癖になる旨さがあります。
その麺の長さも他店とは異なって非常に長いです。
無骨ともいえるこのうどんを噛み締めていると、小麦の風味が口の中で広がり、澱粉特有の甘さと汁とが相まって、知らぬ間に完食してしまいます。
このうどん自体を本当に味わうなら、コシの強さがもっと引き立った冷たいうどんがおすすめかもしれません。

「いずみや」は、他にも那珂や見川などにも支店があります。

茨城県でうどん好きの人に出会うことがあったら、是非一度はご当地うどんを試してみて下さい。