本当に納豆が好きなのか?

昔、大学生の頃、茨城県出身の友達が「実家に帰ってきたからお土産」と言ってくれたのは、藁にはいった納豆。

関西出身の私は少し驚いたが、そういえば茨城県は納豆が名産だったか、と気づき、実際私は納豆が食べられないわけではなかったので、早速いただきました。

すると、やはりすこぶる美味しかったのです。やはり名産は違うなと感心しました。
さて、茨城県民は本当に納豆が好きなのか。

これはまず、スーパーに入ると一目瞭然です。
茨城県のスーパーの納豆売り場へ行ってみた人ならわかると思います。

その豊富な種類!関西人の私などは、スーパーに1種類か2種類くらいしか納豆の銘柄がなくて、納豆といえばそのメーカーのものしか存在していないとまで思っていたくらいです。

ところが・・・。
茨城県のスーパーの納豆売り場は驚きの幅!豆腐売り場やこんにゃく売り場を足したくらいあります(ご想像つきますか?)。

さらに驚くのは種類の豊富さです。
同じメーカーでも、大豆の種類が違ったりとか、なんだか段階くらいにわかれていて最高のものが金色のロゴだったりとか。

とにかく、その種類の豊富さは凄くて「一体、茨城県の人はどんな基準で納豆を選ぶんだ?」と疑問に思うほどです。

そして、もちろん茨城県の家庭の冷蔵庫には納豆が常備は当たりまえなのです。
茨城県のデパートでは進物用の立派な納豆もあったりするくらいに茨城県民からすると普通のことなのです。

ああ!これかこれをお友達からもらったのか!と昔懐かしく思いつつ、茨城県民は確実に納豆を愛している、という納豆愛を確信しました。

茨城県で素敵な人と出会ったら、きっとあなたも自然と納豆好きになるはずです。