不思議なエリア「つくば市」の謎

茨城県つくば市。そこは学園都市としてそして研究都市としても有名な場所。

もしかしたら全国の人は「つくば市」という存在を知っているが、「つくば市」が茨城県にあったということを知らない人もいるのでは?
昔「つくば万博」としても名高く、今は宇宙関連のアニメなどでも意外と知れ渡っている「つくば市」。
実は、実際に茨城県といえど、やっぱりどこか普通の茨城県民とは違う特殊なエリアだったのです!では、その実態に迫りましょう。

やはり研究都市として、全国的にも有名な製薬会社の研究所や、国の研究機関など、それはもう多くの研究所が集まっている茨城県つくば市。

当然、研究者が集まってきています。研究者イコールそれはかなり学歴が高く、ここでは茨城県の他の町より圧倒的に高学歴な人が多いのです。
そのため小学校などはもう勉強に追われて大変な生活を過ごすことになります。

もちろん偏差値も茨城県でも有数。小学校の夏休みの課題ともなれば、大学の論文レベルのクオリティのものがじゃんじゃん出されてきます(親が手伝っていることバレバレですね)。
ということで、結構小学校の先生は鬱になりやすいのだとか。
確かに小学校の先生は別に普通の先生たちで、茨城県の教育委員会のもと、一般的な学歴の方々が多いわけですから。

それはもう、東大や京大の博士号をとった親が多いクラスを受け持つのはかなり勇気がいりますね。

そんなことで、茨城県つくば市の不思議。少しはわかっていただけましたでしょうか。

茨城県でも特殊なエリアのつくば市民と出会うことがあったら、その真偽を確かめてみて下さい。