あんこうや鰯を使う郷土料理

あんこう鍋やどぶ汁の料理があります。
茨城県には、海が目の前ですので、地元の漁師が日頃食べていた鍋をそのままお客に出した事から有名になりました。
野菜を多く入れて、あんこうの旨みを出した美味しい鍋です。
あんこうのどぶ汁は、あんこうの肝を使っていて、油や旨みを鍋でグツグツを煮込んで作ります。

あんこうの身を、酢と共に和えた酢味噌料理もあります。1晩寝かすと更に美味しくなります。
鰯を使った料理も自慢です。鰯の身を潰してボール状にした物を、油で揚げています。
鰯の身を卯の花で漬けた料理も人気です。

水戸藩ラーメンもあり、光圀が食した材料を用いて作られたというラーメンです。
おう粉を使っていて、五辛という食材を使っていて、味にインパクトを出しています。
むかごご飯やワカサギの煮付けなどの郷土料理もあり食されています。

れんこんを使った料理が色々あり、揚げたり、蒲焼にしたり、丸ごと煮たりしています。
納豆料理も多くあって、そぼろ納豆と切干大根を混ぜて食します。
納豆も、大根おろしを混ぜたり、味噌汁の中に入れたり、野菜炒めに使ったりして食べています。

けんちん蕎麦も有名で、けんちん汁をかけた蕎麦です。
豚肉や多くの野菜を入れていて、味噌も入れて甘みを出した美味しい料理になっています。